2009年11月04日

「塩漬け」について

「塩漬け」について説明をしていきます。
予想した相場とは逆になってしまって、そのままにして損切りをしない、つまりポジションをそのまま保ち続けることをいいます。FX 初心者がよく陥り易い状況です。
相場が戻り、ポジションを持った水準にまで戻ると期待して、ポジションを持ち続けてしまうといった場合が多いのですが、損失を回復させていくことは結構難しいことと思います。
「スワップポイント」を狙って、長期にわたってポジションを持ち続けて、金利差益を十分に得ている場合には問題ないかと思いますが、「スワップポイント」がマイナスになり、金利差を支払わなければならない状態になってしまっていては、「損切り」をして損失を抑えていくことが有効な手段となります。
損切りが怖くて、損失を出したくないとして、ポジションをそのまま放置して「塩漬け」にしてしまっておくと、逆に損失がどんどん膨らんでしまって、もうどうしようもない・・・なんてことになってしまうことが多いので注意して下さい。
「ナンピン買い」について説明をしていきます。
予想した相場とは逆になった場合に、更に買い増しを施して『買いポジションの平均コストを下げる』といった方法になります。
例えば為替相場がドル高になっていくと予想して、現時点で1ドル=105円00銭で100ドルをドル買いしたとします。しかし読みが外れて、1ドル=103円00銭にまでドル安になりました。この時点で100ドル買い増しを行います。すると平均価格は104円00銭となります。
為替相場が1ドル=104円00銭までドル高になったとすれば、収支が0になるということです。ただ、為替相場は「1度動き出すと1方向へと偏っていく傾向にある」ことを忘れないで下さい。
この「ナンピン買い」という手法は、「トレンドとは反対」の投資をしていくわけですから、それ相当な相場の転換がない限り、損失を取り戻せることは大変だと思います。リスクの高いトレード手法であると思います。
「ナンピン買い」は、ベテラン投資家でも難しいとされるトレード手法なので、FX 初心者は避けた方が無難ではないかと思います。
posted by FX at 14:31 | TrackBack(1) | FX 初心者(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

損切り「リスクヘッジ」

FX 初心者は、為替相場のトレンドの読みを見誤り、どんどん証拠金が減っていく状況を黙って見ている・・・といった状況に陥り易い傾向にあります。これでは、よいトレードができているとはいえません。
損失はどの範囲まで許して、損失をどこまでに抑えた上で次へのトレードに移っていけるのか?最小限の損失で抑えるにはどう対処していけばよいかを考えられる事が、トレードで成功していける秘訣ともいえるかもしれません。
リスク管理が大切であると意識付けていくことがFXトレードを行う上で大切な要素の一つです。
どの程度の損失が発生してしまったらポジションを閉じるのか、初心者のうちにトレードを行うルール決めを行いましょう。
トレードのやり方や資金力などは投資家それぞれで違うことは思いますが、一定のルールを決めて実行していくことが大切な事であると思います。
相場の読みが当たって利益が出せているうちは「思惑通りだ、やった」などと、損をするということは全くといってよいほど考えていないでしょう。
ただ相場はとっても気まぐれです。急な変化は珍しくはありません。また初心者である場合、予想を外すなんてことは普通にあることです。自分が予想したトレンドとは逆の方向に動いてしまって損失が発生しているケースでは、読みを外したとミスを自覚し、早期損切りをできるかどうかがポイントになってきます。
読みを外したので早期に損切りを行う。という考えが損失を最小限に抑えていくポイントともいえます。
例えばですが、『含み損が5%を超えてしまったら損切りを行う』というルールを決めたりしてトレードする、という考えがより安全な策ではないかと思います。
初めのうちは、相場の値動きを基準に判断する場合は、目安として50〜60銭程度の読みとは逆の動きがあった場合に『損切り』していくということで如何かと思います。
posted by FX at 14:31 | TrackBack(0) | FX 初心者(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロスカット・ルールについて

「マージンコール」が発動されて、損失が発生してしまった場合、処置をしておかないと大変なダメージを受けてしまうことになります。
初心者のうち、マージンコールが発行されて、どうしてよいかわからずに放置するのだけはやめて下さい。
マージンコール発生後、投資家から何の処置もない場合には、業者側が強制ロスカットをし、ポジションを決済してしまいます。これを『ロスカット・ルール』と呼んでいます。
損失が発生しているポジションの全てが、反対売買の決済をされます。そうなれば取引が終了となるので、これ以上損失が大きくなることはありません。
この「ロスカット・ルール」は、リスクを管理するといった概念からすれば必要なルールであると思います。大損をしたような気にもなってしまいますが・・・。
強制ロスカットをされる基準としては、業者によって一律ではありません。『証拠金の割合が20%未満になった場合』が業者としては多いようです。レベルを10%刻みで投資家が設定可能な業者もあります。
業者を選定していく上で、「ロスカット・ルール」についてしっかりルールが決められている業者を選んで取引に使っていくことが、FXトレードを行っていく上でも重要なポイントといえると思います。
ここで証拠金率の計算について例を出して解説していきます。
最低取引の証拠金が20万円、ロスカットのレベルが40%を条件としてトレードするとします。
現在の為替相場が1ドル=99円00銭の時に10,000ドル購入(買いポジション保有)したとします。為替が1ドル=98円00銭になった(ドル安)場合の損失と証拠金率の計算をします。損失額は(99円−98円)×10,000ドル=10,000円、証拠金は、200,000円−10,000円=190,000円、証拠金率は、190,000円÷200,000円×100(%)=95%となります。
その後、87円99銭まで円高ドル安が進んだとします。損失額は(99円−87円99銭)×10,000ドル=110,100円、証拠金は、190,000円−110,100円=79,900円、証拠金率は、79,900円÷200,000円×100(%)=39.95%となります。証拠金率が40%を割り込んで「ロスカット」発動となります。
為替相場が想定外の動きをして、思った通りにならないことはごく当たり前にあります。こういった場合に最小限の損失に抑える為の「マージンコール」「ロスカット」は、投資の読みが外れた時にとんでもないことにならない為のルールなのです。FX初心者には必ず必要なシステムといえます。
posted by FX at 14:31 | TrackBack(0) | FX 初心者(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。