2009年11月04日

成行注文について

代表的な注文方法の一つに「成行注文」があります。FX初心者が一番よく使う注文方法と思います。
この成行注文について説明していきます。
成行注文とは「金額はいくらになってもよいので、現在表示されている値段で買いたい(または)売りたい」という注文方法になります。
レートを指定しないで為替の動向を見ながらでの注文方法で、すぐに注文を出せて売買も成立しやすいという特徴があります。
実際のFXトレードでは、「売り」と「買い」の値段が両方表示されます。値動きの動向をチェックしながら、レートを指定しないでどちらかをクリックすれば注文完了となります。
例を挙げれば、現在が1ドル=100円45銭〜100円50銭というレートであったと仮定すれば、ドルの購入を「成行で買い注文」を出せば、1ドルを100円50銭で買い付けられることになります。
表示された値段が気に入らない、急激な変動が起こった場合には、値段を再表示させて注文することも可能です。
注意点としては、現在の値動きを確認しながら注文を出せて、確実に売買が成立させられる。「確実に売り買いが成立する」といったメリットがありますが、注文した時点での値段は確約された価格ではなく、注文レートと約定レートに差が生じる『スリッページ』により、約定価格に1銭〜5銭程度の値幅が生じる場合があります。
いくらで売買されたかは売買が成立(約定)した後でなければ分からないというデメリットがあるので、初心者には要注意です。
スリッページが生じた場合には、売りでは指定したレートよりも安く売る。買いでは指定したレートよりも高く買うということになります。
posted by FX at 14:31 | TrackBack(0) | FX 初心者(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132010021

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。