2009年11月04日

逆指値注文について

FX初心者のうちは、あまり使わない注文方法とは思いますが、「逆指値注文」について説明していきます。
「逆指値注文」とは、現時点でのレートよりも「価格が上がったら買いの注文を出す」または「価格が下がったら売りの注文を出す」といったような注文方法で、名前の通り「指値注文の逆の注文」になります。
FX初心者からしてみれば、損をする注文なんてしない。と思うでしょうが、為替相場のトレンドに乗っかりやすく、一定の利益を確定させることができ、確実に損失を止めることができるとういったメリットを期待の注文をすることになるのです。
一概には不利益にはならない場合もあるんです。
為替相場は、変動し始めると片方向に動いていく傾向があります。上がるであろうと期待した場合には上昇トレンドが続くことを想定して、現時点のレートよりも高くなったら買いの注文を出します。
反対に下がっていきそうと判断した場合には、下降トレンドになる・続くと想定して現時点のレートよりも下がったら売りの注文を出すようにします。
例えば、現在の相場が1ドル=100円00銭であった場合で、為替相場が1ドル=101円00銭まで上昇してきたら、「ドル高になる」と上昇トレンドの判断をします。
ここで前もって1ドル=101円00銭になったら「ドルを買う」という注文を出しておきます。また、為替相場が1ドル=99円00銭まで下がってきたら、「ドル安になる」と下降トレンドの判断をします。
この場合にも、前もって1ドル=99円00銭になったら「ドルを売る」という注文を出しておきます。
このように、「上昇トレンド」または「下降トレンド」になったかな・・・と推測・判断をした場合に、そのトレンドに乗っかっていけるように、前もっての注文をしておくという注文方法がこの「逆指値注文」というものなのです。
posted by FX at 14:31 | TrackBack(0) | FX 初心者(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。